★☆★ Happy Song ★☆★

韓国の男性デュオ:NORAZO(ノラジョ)を応援しています


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'天下無敵野球団',野球と芸能の幸せな出会い

OSEN 2010.1.24
tenka_428.jpg
tenka_429.jpg

'天下無敵野球団',野球は芸能とどうやって会ったか

最高の相性だ.脚本のないドラマであるスポーツと,やはり脚本のない笑いを与える芸能がよく似合うということは誰もよく分かる事実だろう.ところでその中でも野球と芸能はもっとよく似合うようだ.
'天下無敵野球団'が初めて始まった時,たぶんどこからしなければならないか困り果てたことは火を見るよりも明らかな事だ.
'走れシュッドル'のサッカーと'天下無敵野球団'の野球は確かに違う.
サッカーは球を相手ゴールに入れれば良い比較的簡単な(?)ルールを持っているが,野球は本で勉強しなければならないほどにルールが複雑だから.

芸能プログラムが一部の野球ファンらのみを対象にすることはできないこと.
'天下無敵野球団'は複雑なルールを全然野球に接して見られなかった一般人たちまで対象として見せてくれながら,野球もしてまた芸能もしなければならない立場だった.
しかも'天下無敵野球団'に入って来た人物たちも野球をてんから分からない素人たちが大部分だった.
マルコはルール自体が分からなかったし,キムジュンは見かけと違い泡(?)であり,マリオは外貌はメージャーリーグだったが実力は草野球水準だった.
他のチーム員たちも同じだった.野球ルールは分かっていても体がついて来てくれない老いた獅子イハヌル,意欲は充満するもののそれがむしろ欲深になったりするキムチャンニョル,年幼いドンホ,不実な体のハンミングァン...
そのうえ野球をかなりよくするオジホとキムソンスがいたが,それは攻撃の話で守備に入って行けば彼らも穴だった.

だから戦績は今まで3勝が精一杯なのが当然だ.
しかし正にこのすべきことが山積んでいるという点が'天下無敵野球団'にはむしろ薬になった.
この芸能は正にこの実際野球と現実である芸能の間の距離くらいリアルバラエティーショーとしての成長ストーリーを見せてくれた.
毎度マルコを立てて競技ルールを持ってクイズを出して,後にはペクチヨンを団長として抱きこんで相対的に野球に関心が減った女性視聴層まで攻略した.
彼らがきちんきちんとルールを勉強して競技をしながら成長する姿を見せてくれながら野球は少しずつ視聴者たちに親しくなり始めた.一般人たちに決して易しくない野球はむしろサッカーを見て良いリアルバラエティーの素材になったこと.
正にこの点は野球というスポーツにもそのまま大きくなった手助けになった.
野球という少しは距離があったように見えるスポーツの底辺を広げるのにこんなに力強い方法はなかったこと.
リアル芸能が持った独特のストーリー方式,すなわち笑いを与えながらも易しいことから徐々に複雑なことにまで話を広げて行くこのストーリーの力は野球をより身近に視聴者たちの前に導き出した.
プロ野球協会で'天下無敵野球団'に賞を与え,7人のとても有名なプロ野球監督たちが彼らのために1日コーチをするのを自任するなどの全幅的な支持をしてくれる理由は正にこのためだ.
斗山ベアーズのキムギョンムン監督は教えてくれる立場でもむしろ"ありがとう"と言う言葉を重ねて伝えた.
そしてこの監督たちの1日コーチをするのを盛った映像は1つの易しくておもしろい野球教本を彷彿させた.

野球の底辺を広げること以外の効果としてプロ野球競技に'天下無敵野球団'が付与した'野球に対する実感'を漏らすことができなさそうだ.
たぶん'天下無敵野球団'を視聴して来た方々なら2009年プロ野球韓国シリーズが少しは違うように感じられたはずだ.
私たちは'天下無敵野球団'というリアルスポーツバラエティーショーを通じて野球が誰も球を投げて,打つことができるそんな易しい競技ではないということが分かるようになった.
この芸能プログラムではプロ野球でよく見えたダブルプレー1つにも手に汗を握って眺めて感嘆をしたから言葉だ.
だからプロ野球が見せてくれる失策ない競技や垣根を越すホームランに特別な実感を持つことができた.

'天下無敵野球団',この野球と芸能の出会いは両方に皆幸せな結果を持って来てくれた.
芸能は特別な話を構成しなくて野球自体が持った楽しさを通じて特有のリアル成長ストーリーを見せてくれることができたし,野球はこの芸能を通じて野球というスポーツが持った魅力をより多い人々に知らせることができた.
そしてもうこの左衝右突野球団は一足一歩進んでみて大きい夢を見始めた.社会人野球のために'夢の球場'を作ろうとすること.
野球とこの芸能が持った最高の相性の幸せな共存を通じて見る時,これが決して夢ではないという気がする.
夢は叶う.夢見るというのだけでも現実的な手助けになるからだ.
特に夢に向かって駆けて行く成長ストーリーを根幹にするリアル芸能ではもっとそうだ.

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。