★☆★ Happy Song ★☆★

韓国の男性デュオ:NORAZO(ノラジョ)を応援しています


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球の夢と熱情悟らせてくれたTV芸能‘天下無敵野球団’

스포츠동아 2010.1.12

韓国プロ野球が出帆したのが1982年だ.一世代が過ぎ去っている.
2009年韓国プロ野球の‘観衆爆発’現状の基底には創始期ベースボールキッズの帰還が落ち着いている.
今の30~40代は野球に対するロマンと思い出を心にしまっている,プロ野球キッズ1世だ.
誰だとするまでもなくこの世代の人は自分だけの野球思い出がある.幼い時町内や学校運動場でガラス窓一度くらいは覚めて見た彼らだけの記憶がある世代だ.
これから大人になって過去にしまっておいた夢に対する挑戦が彼らを社会人野球に導いている.

しかし野球は易しい運動ではない.団体運動だから一応20人位はいなければ1チームが成立されて,短期間に実力が向上しない特徴がある.特に投手は体系的な訓練と教育が必要なので現実はどうしても従ってくれることができない.
結局1~2人の投手に依存してみると,無理な酷使が後に従うようになる.熱情は溢れるが次の段階で発展が難しい.

TV芸能プログラム‘天下無敵野球団’も同じだ.野球を媒介にした単純な娯楽プログラムだが野球する時だけは‘リアル’に近い.
ただ選手層が薄くて野球が単純な運動ではないからほとんど1年が経っても実力が大きく向上したと思うことは難しい.
それでも熱情だけは画面にそのまま付け出す.このプログラムの持つ価値はベースボールキッズ出身たちに‘私も走りたい’という熱望を持つようにしたという点だ.上手下手を越えて‘ロマン’があることを見せてくれている.


実は基礎が不足な30代中盤の純粋アマチュアが野球を始めるには最初から無理がよる.
打撃は時間が経つによって適応することができるが,守備はそんなに甘いものではない.
特に肩がぴんぴんしていると投手だけではなく多様なポジションを消化することができるが,30代の退化された肩は根本的に一定部分の限界を路程するしかない.従って野球ファンらや視聴者が注目することは競技力だというよりはいっそ‘夢に対する挑戦’だ.
もちろん相手チームによって違うが今後にも結果よりは過程がより大きい意味を付与することができるだろう.野球は一人ではなく一緒にである時真正性が付け出す.

‘天下無敵野球団’が最近試みている‘夢の球場プロジェクト’も筆者には大きい感動に近付く.
多くの社会人チームの最大の夢は誰が何と言っても球場ではないのか.
いくら痩せ地でも私たちだけの球場があるということ,これは野球を好きだった人なら皆が夢見る最後のロマンだと.
30~40代おじさんたちに野球に対する夢と熱情を悟らせてくれる‘天下無敵野球団.
’暖かい春が来たら‘野球のメッカ’ここ釜山で‘チャガルチ刺身’を賭けて一戦しましょう.


男のロマン

Full Content
discount hermes ★☆★ Happy Song ★☆★ ロマン
2014/07/20(日) 13:26:49 | |Full Content #EBUSheBA[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。