★☆★ Happy Song ★☆★

韓国の男性デュオ:NORAZO(ノラジョ)を応援しています


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパースターK5 ハンギョンイル,'私の人生の半分'ヒット曲残して消えた理由は?

티브이데일리 2013.8.17
201308172749778_2.jpg

'スーパースターK5'に出演したハンギョンイルがオンラインを熱く焼いている.

16日夜放送されたケーブルTV Mnet'スーパースターK5'には2000年代初盤'私の人生の半分'などのヒット曲で人気を集めた歌手ハンギョンイルがオーディション参加者に登場して視聴者たちの耳目を集中させた.

この日放送でハンギョンイルは自分を34歳パクチェハンだと紹介した後"歌手になりたくて志願した"と"'私はそれでも歌手だ'と言って暮らして来たが他の人たちの目はそうではないようだった.また始めたかった"と'スーパースターK5'に志願するようになった理由を説明した.
放送直後ハンギョンイルは各種ポータルサイト上位圏を占領したし以前のヒット曲が各種音源サイト上位圏を占領するなど注目されている.

ハンギョンイルは2002年正規1集'ハンギョンイル no.1'でデビューして'ひとりを愛した''私の人生の半分''悲しい招待状''別離は遠かったんです'などのヒット曲で多くの愛を受けた.
当時同じ時期にデビューしたチョソンモと肩を並べるほどに人気を集めたし多数の芸能プログラムに出演したりした彼はある瞬間放送から影をひそめた.

ハンギョンイルは2003年放送スケジュールとコンサートなどを無理矢理に消化して喉頭炎にかかって病院の世話になったりした.当時無理をする場合声帯結節の危険まで警告受けるほどに深刻だった.
結局ハンギョンイルは喉頭炎によって何年間活動を中断しなければならなかったし2009年'分かります''一日中' などの曲を発表して活動をはかるようにしたが何の反応を得ることができなかった.
そして今年初デジタルシングルを発表したことがあるが放送活動はしなかった.

またブラウン管に顔を出したハンギョンイル,彼がどんな理由で放送活動を中断したのか今後'スーパースターK5'でどんな活躍を広げるようになるか帰趨が注目される.



ハンギョンイル 'スーパースターK5'出演と同時に関心集中!

브레이크뉴스 2013.8.17
201308172749778.jpg

ハンギョンイル‘スーパースターK5’出演に関心が集中されている.
16日放送されたケーブルチャンネルMnet'スーパースターK5'にハンギョンイルが本名であるパクチェハンとして自分を紹介して"本当の歌手になりたい"と参加理由を明らかにした.

ハンギョンイルは2002年正規1集'ハンギョンイルNo.1'でデビューした後'ひとりを愛した''私の人生の半分''悲しい招待状'などを発表したことがある.

この日放送でハンギョンイルは"これまで'それでも歌手だ'と言いながら暮して来たが他の人たちはそのようには見ていなかったようだ.審査委員も私を見知ることができないようだったよ.また始めたかった"と伝えた.

審査委員イスンチョルはハンギョンイルに"一度歌手は永遠な歌手だ"と言ったがオーディション合格可否は公開されなかった.
ハンギョンイル‘スーパースターK5’出演にネチズンたちは"以前歌本当に好きだった""私の人生の半分,めちゃめちゃ好きでエンドレスで聴いていたのを思い出しますね""もう一度第2の全盛期を享受しますように""本当に淡泊で良いバラードが多くてカラオケでも本当に多くも歌った"などの反応を見せた.


ホントに久しぶりですね~
以前、韓国でも日本でもNORAZOのLIVEのゲストと言えばまずギョンイルだったことや、2007年12月の大阪での単独公演を思い出します~
どんどん良い方向へ向かいますように・・・
スポンサーサイト


2013.8.16 スーパースターK5 パクチェハン(ハンギョンイル)

ハンギョンイル"韓国バラードで日本捕らえること"(インタビュー)
歌が長く記憶される本当のミュージシャン夢見て


아시아투데이(AsiaToday)2009.5.27
ki51.jpg

“日本に進出して韓国の感性バラードを広く知らせたいです”

2年余りぶりにデジタルシングルアルバムタイトル曲‘痛みます’でカムバックした歌手ハンギョンイルが日本進出に対する抱負を明らかにした.

最近デジタルシングルアルバム‘Sensibility’を発表して地上派音楽プログラムなどに出演して本格的な活動に入ったハンギョンイルがインタビューのために去る22日アジアトゥデーを訪ねた.彼は“久しぶりにファンの前に立つようになって震える”と“恋しい舞台であるくらい後悔なしに活動する”と言った.

ハンギョンイルは去年冬グループ‘ノラジョ’と共に日本でコンサートを経験した.彼は今年機会になったら必ず日本で活動したいと強調した.

“日本ファンの熱誠的な応援に深い感銘を受けました.機会になったら私のアルバムを通じて日本に進出したくてまたドラマOSTを通じて進出することもいいと思います”

タイトル曲‘痛みます’という敍情的で静かな正統バラード曲でハンギョンイルだけの感じがぷんぷんと漂っている.特にクライマックス部分の自然な高音処理はハンギョンイルのトレードマークだ.

“今度のデジタルシングルアルバムにはタイトル曲‘痛みます’と‘一日中’という曲を盛りました.2曲とも私が一番自信あるジャンルであるバラード曲です.‘痛みます’という歌詞は悲しいが明るい感じが出た曲で‘一日中’は悲しい感じが濃く付け出して来る歌です”

去る2007年末売り出した5集アルバム活動後ハンギョンイルは放送をしばらく延ばしてミサリカフェ村で活動した.

“今度のアルバムが出る前に9ヶ月位公演をしました.私が舞台恐怖症があるのにその場所で公演をしてみたら放送で緊張するのと違って変わった感じがするんですよ(笑) お客さんたちがたくさんいらっしゃる時は200人余りまでいらっしゃってほとんどミニコンサートを持つ感じだったです”

ki52.jpg

普通ミサリカフェ村では中堅歌手たちが公演をたくさんする.いくら休止期間でも盛んに活発に活動する歌手が選択することは易しくなかったこと.しかしハンギョンイルは変わった経験あったと肯定的な反応を見せた.

“初めて公演に出た時は緊張もして萎縮したりしました.しかし新しい経験すると思ったしまた大先輩たちの激励の中でに楽に公演をしました.TV音楽プログラムでは私の歌だけ歌って舞台を下りたがここでは歌の中間進行もするようになって観客の方々と自然な疎通をする特別な経験をしました”

歌唱力の優れたハンギョンイルは“録音室マイクの前に立てば震えて歌がよく歌えない”とジンクスを公開した.
“不思議なことに録音室に入って行けば歌がうまくできなかったんですよ.普段カラオケのような所では本当によく歌えるのに録音室マイクの前に立てば呼吸も気になるなど実力発揮がならないです.それ以来見ても5集まで出した歌手なのにいつ頃なら消えるか私も気になります(笑)”

歌手ハンギョンイルより歌が記憶に残る歌手になりたいという彼はもう真正なミュージシャンを夢見ている.

“以前にはTVによく出て私が顔が売れることを夢見ました.しかしこの頃は自分自身が顔が売れることより私の歌った歌が多くの愛を受けたらと思います.今までは歌うことばかりあくせくしていたがこれからは作詞·作曲にも挑戦してみようと思います.ユンサン,ユヒヨル,キムドンリュル先輩のように真正なミュージシャンになるように努力しますよ”

日本公演、楽しみに待っています


ハンギョンイル 앓아요 MV 

ハンギョンイル"バラード歌手自負心守るんです"

스포츠서울(スポーツソウル) 2009.5.25
ki50.jpg
“バラード歌手の自負心を守るんです!”

歌謡関係者たちの間で‘バラードは冬歌’という認識が強い.遅いテンポの哀切なメロディーが寒風がぴゅうぴゅう吹く冬に似合うと感じるからだ.これを逆に言えば‘バラードは夏に似合わない’と解釈される.蒸し暑い夏にバラードは垂れる感じがするとここは彼らの大部分だ.

このような歌謡界の風土のため夏が近付く時期にはバラードを出さない歌手たちが多いが.最近デジタルシングル‘痛みます’を発表したハンギョンイル(29)は違う.バラード歌手としての自負心があるからだ.

“この頃正統バラードを歌う歌手たちが過去に比べてたくさん減ったようです.私は最後までバラードに固執したがこれに対する自負心があります.また以前よりバラードがたくさん出ない状況で良い歌を歌ったらもっと大きい愛を受けることができると思います”

暑い気候にバラードを出して活動するようになったが.“耳で聴く音楽を愛するファンは天気と関係なくバラードを好んで下さると信じます”と言いながら自信感を見せた.

デビュー当時22歳だった彼はいつの間にか30歳を眺めている.物心分からなくて歌だけ歌ったデビュー時代と比べる時今は責任感が生じたと言った.

“ただ考えなしに歌だけ好きで歌ってみると他人達のように物心がつかなかったと思ったが.これから責任感が大きくなるように感じられます.幼い時はご両親に頼ったが.これからは私の将来を責任負わなければならない年になったでしょう.昔にはただ‘夢’のように感じられた歌手が今は‘職業’として思われます”
彼の代表曲は2集タイトル曲‘私の生の半分’だ.行事などに行っても“ハンギョンイルなら‘私の生の半分’を歌わなくてはならない!”というファンと行事関係者たちの要求を聞く.しかし敍情的で感性的な新曲‘痛みます’を通じて新しいハンギョンイルの姿を見せたいと意気込んでいる.

“バラードの窮極的な目標は感動だと思います.胸を打つ歌を歌いたいです”

胸を打つ歌、いつも聴かせてもらってますよ

8年次歌手ハンギョンイル“私は,相変らず新人”
歌唱力輝くバラードでひととき人気…芸能中心芸能界適応出来なくて忘れて


스포츠동아(スポーツ東亜)2009.5.14
ki48.jpg

昨日今日の事ではないが歌手が歌ばかりして,俳優が演技ばかりしながらは芸能界で人気を維持しにくい時代だ.
人々はもう分野に構わずに芸能人に‘当然’エンターテイナーの資質を期待する.しかしいわゆる‘芸能’に慣れない芸能人にこんな期待は当惑だ.

ハンギョンイル(29)は歌の上手い歌手だ.2002年デビューして今まで5枚の正規アルバムを通じて‘一人の人を愛した’‘私の生の半分’などのヒット曲を出したし足掛け8年の間バラード一ジャンルだけ固執した底力の持ち主だ.
しかし経歴が積もっても相変らず不慣れなことは歌だけ歌っては生き残ることができない冷酷な芸能界の環境だ.
“環境に易しく適応することができないのは私のせいです.それでも今度のアルバムを準備する時は心が違いました.歌う時心臓が一番強く走るということを今さら悟ったんです”

2007年末5集を発表して翌年春まで舞台に立ったハンギョンイルはアルバム活動を中断してからはミサリカフェ村で歌を歌った.その期間が9ヶ月.彼は“私の歌を聴いて好んでくれる人々がいる所なのでいつも楽に歌うことができた”と振り返った.そして今月初シングルを出市してまた舞台に上がる用意に出た.

その間変化も当たった.デビューから一緒に呼吸を合わせた所属社を去って新しい人々と会った.2つの会社が懇意なわけに結果的に2ヶ所の支援をもらう幸運を享受している.

“その間アルバム空白期には無条件次のアルバムを出さなければならないという負担に歌う事が持つ意味を深く考える機会がなかったです.今度は意欲が大きいです.1人で始める初挑戦と言いたい仕事も多いです”
意欲が特別な状態で作業したかシングルタイトル曲‘痛みます’というハンギョンイルの歌唱力が通常の曲より引き立つ.高音を処理するこぎれいな表現力も相変らずだ.

“周辺では私に‘それでも5集歌手じゃないの?’と問います.余裕のあるように活動しなさいという話ですよ.しかしまだ私を知らない大衆がもっと多いでしょう.4,5集をまだ聴くことができなかったら5年ぶりに出たと思う人もいるんです”
“歌う時間外には歌手という事実さえ忘れて暮す”と言うハンギョンイルはそれで歌う時だけは誰より戦闘的だ.
“もっと率直に告白しようとすると時間が経つほど歌う事が緊張されます.上手でなければならないという強迫観念も一分け前をします.音楽プログラムリハーサルに行った時伴奏だけ聴いても心臓がどんどん轟く,震える気持ちを見当をつけますか?”

ki49.jpg

ハンギョンイルが成したい目標はドラマOST参加と日本進出.ドラマ主題歌を通じて大衆に認知度を高めようとする計画とともに2007年末日本大阪で単独公演を開催した経験を活かして現地に本格的に出たい夢も育てている.
“この頃は‘初めから’という単語を常に思います.また始める覚悟で舞台に上がるつもりです.もちろん芸能プログラムにも積極的に出演しますよ.已往'芸能늦둥이'になったらもっと良いけれども(笑)”

日本にもギョンイルの歌を楽しみにしている人がたくさんいること、忘れないで下さいね

ところで、最後のオチ(?)が分からんわ~
「늦둥이」・・・1.年老いて生んだ子、2.ぼんやりしていてハキハキしない者,のろま
1かな?

旬が過ぎたスターと?ハンギョンイル·オジョンヒョク“また飛んでみるつもりだ!”
일간스포츠(日刊スポーツ) 2009.5.12
ki38.jpg

'臥薪嘗胆' して再起の羽ばたきをする2人の歌手がいる.バラード歌手ハンギョンイルとClick B出身オジョンヒョクだ.彼らは去る苦労談を打ち明けて"今やっと本当の歌が何なのか分かるようだ"と言った.

◆ハンギョンイル
"三十で自炊生活,感受性でいっぱいになって"


映画'ラジオスター'の主人公のように1年を送った.2002年デビューしたハンギョンイルは'私の生の半分''いいな'などヒット曲を数回出したが2006年甲状腺亢進症が尋ねて来ながらスランプに陷った.

鬱病を乗り越えて去年ミサリカフェ村で9ヶ月間マイクを取った彼は"小さな舞台に立ちながらむしろ私の生を振り返るきっかけとなった"と言った.放送局舞台に立った時歓呼した数百人の大衆よりミサリで会った少数のファンが自分が歌わなければならない理由を悟るようにしてくれたという説明だ.

"固定収入がないから焦燥心も出た.他の事をしようか悩みもしたがこのままではだめなようだと去年初めて独立した.独身生活をしながら考えを整理してみてやっぱり歌ではなければならないという結論を出した"

最近デジタルシングル'痛みます'を発表した彼は"正規アルバムを悩んだが1年以上また空白期を持てばファンに忘れるか心配で一番自信ある歌で早く帰って来た"と説明した.'痛みます'と'一日中'はハンギョンイルだけの感受性と美声が引き立つバラード曲.一層ボイスが深くなったとして"自炊生活をしてみると常に感受性に濡れていてそうだ"と言いながら笑った.

"暮しながら初めて1人で電気,ガス告知書を出してみた.三十になるから結婚考えも自然にさせるようになる.健康の大事なことも今さら感じて一人でご飯もよく取りそらえて食べて運動も熱心にする.歌う時は悲しく見られるが舞台の外ではエネルギーに溢れる新しい姿をお見せしたい"

◆オジョンヒョク
"Click B解体後露宿者として半年暮して"


ハンサムな外貌おかげで金持ち息子イメージが強い.しかしオジョンヒョクは手を振って"この頃はホンギョンミンが'兄さん似ている'と言っていたよ.人々が性格良いようだったと先に近付く"と言った.

最近ソロ2集'Cry'を発表した彼はあちこちで"サインちょっとしてくれ"と言うと照れくさがった.たまに"Click B時代好きだったがこの頃は何をするのか?"と困った質問をする人もいたがオジョンヒョクは余裕のあるように笑った.
"名残惜しい時もある.みんな'以前好きだった'と過去型で言わないか?これからもっと熱心にしなさいという鞭で受け入れている"

1999年Click Bとして活動して人気絶頂を享受した彼は2005年キムサンヒョクの飲酒事件で一歩遅れて人生の苦みを見た.
"ひととき感謝することを忘れて暮した.引き続いたスケジュールが大変で'早く休みたい'という考えばかりした.飲酒事件後人気の偽りで空しさを悟った"

Click B解体後事業に着手してから狼狽も見た.大田で知人と屋台を運営したがお金だけ踏み倒された後莫大な借金に座った."世の中物情が全然分からなかった.信じた兄さんに詐欺に遭ったら空が崩れていたよ.歌手活動を反対したご両親に手を開けることもできなかった.持っていた財産を全てはたいて借金を返して6ヶ月間露宿者のように過ごした"

絶望で彼を求めたのはミュージカルだった.去年'オンエアシーズン2'で新出発することができた.今度の2集'Cry'にも彼の人生経験がとけている.JPOPスタイルのロックバラードという点も新鮮だ.最近ファッション事業も始めた.女性衣類ショッピングモール'ミスターマドンナ'をオープンした彼は"今度は詐欺に遭わないように全ての事を直接取りそらえる.東大門夜明け市場で毎日出勤する"と笑った.


2人ともFighting~
これからもいい歌を届けて下さい

5/1のカムバックから毎週BANKに出てますね~
またギョンイルの歌が聴けて本当に嬉しいです
あと最近「Mnet LIVE」や昔の「TANK」、KNの昔の「CAMP」でもちらほら見れます

ki39.jpg

5/8 KBS Music BANK (80分)

チョンジ、Hユジン feat.Lyn、イムチャンジョン、イウサン、ZIA、ハンギョンイル、ソンジヌ、パクヒョンビン、キムヒョンジュン、ユンナ、バービーキム、MAC、AJ、EVAN、2PM、ソルビ、チョソンモ、K.will、ソンタムビ、SeeYa&タビチ&ジヨン、Super Junior

80分か~。日本でも早くノーカット放送にしてくれ~
お願いだからギョンイルがカットされませんように!!

"貴公子と?生存型歌手ですよ"
[クローズアップ] シングルアルバム発表ハンギョンイル
休むうちにクラブ公演多様な経験…舞台恐怖症 싹~ 自信感得ました


한국일보(韓国日報) 2009.5.1
ki36.jpg

歌手ハンギョンイルをインターネットポータルサイト検索語窓に打てば'歌手ハンギョンイルはどうして売れることができなかったんでしょうか?'という質問がある.ハンギョンイルは'私の生の半分''別離は遠かったんです''いいな'など多いヒット曲とハンサムな外貌を持った歌手だが認知度が高くないせいだ.

ハンギョンイルはこの質問に気後れしたように笑いを見せた.ハンギョンイルは"内気な性格だから出るより後に隠れる方です.アルバムごとに放送活動も短くしたんです.去年5集アルバムの時はひと月活動しました.ファンには3集以後4年以上を休んだように見えるんです.認知度が低いとだけでしょう"と冗談を言った.

ハンギョンイルは最近シングル'痛みます'を売り出しながら男性バラード歌手たちの王位争いに出師表を出した.2000年初盤一緒に活動したバラード歌手チョソンモが先制攻撃を始めた状態だ.

ハンギョンイルは"デビュー当時も今も相変わらずなのは1位などに対する欲心がないということです.代わりに他の欲心が生じました.どんな歌手よりファン近くにいる歌手になりたいです"と言った.

#変身した=Changed

ハンギョンイルは長年の空白期にも相変わらず魅力的な高音と豊かな感性を誇った.実力はそのままだが内的には変化が大きかった.内気な性格が積極的に変わって行っていた.図太さと自信感も生じた.

"去る何年の間に活動を休みながら多様な経験をしました.クラブ及び小規模公演を数十回進行して舞台に自信感も生じました.デビュー後舞台恐怖症のため苦労しました.コンピューターオンラインゲームも学びました.初めはどうしてゲームを一つするのにして見たら勝負欲が生じたんです.充実な空白期を送ったんです.ハハ"

ハンギョンイルの外貌は典型的な貴公子スタイルだ.可愛い顔,滑らかな体つき,ダンディーなファッションスタイルとはにかむ笑いは童話の中の王子様を連想させる.ハンギョンイルは今度のアルバム活動を通じて貴公子イメージを脱ぎ捨てるという覚悟だ.

"芸能プログラムにも挑戦する計画です.努力する姿,大ざっぱで気さくな姿など本当のハンギョンイルの姿をお見せしますよ."

#発展した=Developed

ハンギョンイルは今度アルバムで'痛みます''一日中'など2つの曲を収録した.'痛みます'はキムウィソクの曲で別離に対する悲しみの感情を早いテンポに盛った.中毒性ある早いリズムのおかげで悲しいバラードが重くないように表現された.'一日中'はクラシック専攻者であるユンゼサンの曲だ.敍情的で悲しい情緒を表現する正統バラード曲だ.

ハンギョンイルは"'痛みます'はこの頃流行る早いテンポのバラード,'一日中'は正統バラードです.たった2つの曲を選択するために60,70曲を収集しました.プロデューサーと共に数十回ずつ聞いて歌いながら選択した曲が正にこの2つの曲です.デジタルシングルだが2枚の正規アルバムを出すという心得で作業したんです"と言いながら自信感を表した.

ハンギョンイルは運動と体力管理も疎かではなかった.3集アルバムで活動する当時甲状腺の問題が起こって歌手活動を中断しなければならなかった経験があるからだ.

ハンギョンイルは"体力が良いと歌もよくすることができます.一番基本的なことなのに一番疎かだったようです.何倍で運動しながら健康を取りそらえました.常にファンに活力を与える歌手に見えたいです.エネルギーに溢れる舞台を期待して下さい"と言いながら笑った.

ki37.jpg

とはいうもののこの笑顔はやっぱ王子ですよ
期待してます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。